ブログ開設&情報解禁!!

伊集院静 原作小説が15年ぶりの映画化!!
映画「駅までの道をおしえて」と、
京急電鉄の創立120周年を記念してタイアップ決定!!

愛犬がもたらす、女の子とおじいさんの絆の物語。
命の喪失感が、温かい想い出に変わる名作!
新津ちせ 映画初主演!!

映画「ニワトリ★スター」で世間を賑わしているインディーズ映画製作GUM株式会社と、
27年の映画製作の歴史を持つ、株式会社ウィルコの共同製作である、
2019年秋公開予定の、映画「駅までの道をおしえて」が、創立120周年を迎えた京急電鉄とのタイアップコラボレーションが決定!!
原作に、赤い京急電車が象徴的に登場し、物語に重要な役割を与える京急電鉄が
この映画に共感し、創立120周年を記念して、映画製作を全面的に協力する。
京急電鉄では,2018年2月25日に創立120周年を迎え、創立120周年イヤーを盛り上げていくために今後もさまざまな企画を行っている。

京浜急行電鉄株式会社に加え、協賛・協力企業には、
講談社、品川区、大田区、ベル ジャポン株式会社、公益社団法人アニマル・ドネーション、シンハービール、株式会社ブーランジェリーエリックカイザージャポン(メゾンカイザー)、カメイ・プロアクト株式会社(パトリック)、カフェ・カンパニー株式会社、HAPPY WOMAN 実行委員会、日蓮宗、株式会社ビューズ、ビリオネアクラブ、株式会社ダブリュ・エフ・エヌ、株式会社JobChange、有限会社ブレス、東京ロケーションボックス、八王子フィルムコミッション運営協議会(順不同)と、様々な企業や自治体が名を連ね、映画と連携をして、映画製作を進める。

本作は、映画「3月のライオン」や、ドラマ・CMなどに出演している 新津ちせ が、映画初主演!!
主人公・サヤカ役のオーディションは、2017年の春に一般公募という形で告知され大きな話題を呼び、4次審査まで行われた3か月間におよぶオーディションの結果、当時小学1年生だった 新津 ちせ が決定した。
丸一年という時間をかけて季節を追いながらじっくり撮るという、近年の日本映画には珍しいスタイルで撮影をおこなっており、少女の成長がリアルタイムに感じられる作品となる。

愛犬ルーを亡くしたことを受け入れることができずルーの帰りを待つ少女サヤカ(新津ちせ)と、
幼き息子を亡くした老人フセコウタローが出会い、命の喪失感を二人の絆で温かい想い出に変えていく伊集院静の名作小説を映画化!!
映画「機関車先生」以来15年ぶりの伊集院作品の映画化に心躍る、ファン待望の作品となる。

出演:新津ちせ
製作プロダクション:株式会社ウィルコ
製作:GUM株式会社、株式会社ウィルコ、GUM WORLD株式会社
写真コピーライト:(C)映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
公式ブログ :http://ekimade-film.com/

協賛・協力企業一覧(2018年6月現在)
京浜急行電鉄株式会社、講談社、品川区、大田区、ベルジャポン株式会社、公益社団法人アニマル・ドネーション、シンハービール、株式会社ブーランジェリーエリックカイザージャポン(メゾンカイザー)、カメイ・プロアクト株式会社(パトリック)、カフェ・カンパニー株式会社、HAPPY WOMAN 実行委員会、日蓮宗、株式会社ビューズ、ビリオネアクラブ、株式会社ダブリュ・エフ・エヌ、株式会社JobChange、有限会社ブレス、東京ロケーションボックス、八王子フィルムコミッション運営協議会(順不同)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です